漢方媚薬でよく見られる材料

「媚薬」とは、「惚れ薬」と呼ばれ、辞書をひいてみると、一般的には性欲を催すや催淫薬または、性欲を催させる効果があります。英語では、「aphrodisiac」と名づけていました。媚薬の歴史は古く、1000年前に中国から伝わってきた、いまでも多くの女性に愛用されています。媚薬で使う成分は化学成分と漢方成分に分けられています。中で漢方媚薬は副作用なく、健康食品なので、もっとも人気です。これから漢方媚薬でよく見られる材料について紹介します。

ガラナは原産地アマゾン川流域の大自然が生んだカフェインやタンニンが豊富に含まれている果実です。その昔アマゾンのインディオは、長旅にそなえるため、食欲を抑えて眠気を飛ばしたかったそうです。ガラナの効き目は心臓が血液を送り出す力を上げて血行を促進します。血液の循環がよくなることで酸素や栄養成分が身体中に行き渡りやすくなり、女性の疲労を回復させ活動的にさせる効き目があります。
マカの原産地は南米のペルー。標高4,000メートルもの高地で、厳しい環境のなか成長するアブラナ科の天然植物です。マカの成分は精力剤の元ともいわれる亜鉛やミネラル成分もたっぷり含まれています。女性の場合はホルモンバランスが崩れることで、性生活を楽しめないことに対応していい効果があります。

甘草、カズラ、サトウキビなどの糖分を取れる食材は強精薬として用いられました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です