市販媚薬の分類

媚薬」とは、「惚れ薬」と呼ばれ、辞書をひいてみると、一般的には性欲を催すや催淫薬または、性欲を催させる効果があります。現在の女性が家庭や仕事のストレスで、不感症、性欲低下、不感症、セックスレスなど性的の悩みをお持ちの方がたくさんいます。媚薬は性器の充血を昂進させる、性器の発達を促すなどの効果もあります。不感症、性冷淡、セックスレスなどの改善するに有効です。媚薬を一言にして、実は媚薬にはたくさん種類があります。これから媚薬の種類について紹介します。

現在市販媚薬は使い方によって、香水、飲む媚薬と塗る媚薬に分類されています。

香水媚薬は動物や昆虫では雌が雄を誘引し、発散したフェロモンという成分で作られた媚薬です。フェロモンとは、生物が仲間を引き寄せたり、メスやオスとコミュニケーションを取るため に発散する化学物質のこと。いい香りがするとそっちへ近づきたくなります。脳への刺激によっての催淫効果であって心理的な作用とは違います。

飲む媚薬は無色無味、飲料、アルコール類に溶ける、混ぜて飲むタイプです。行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中枢神経への刺激により、血行を促進し、女性の性的興奮を促し、分泌物が多くなって、感度も上がります。分泌物が少ない、不感症などを改善します。

塗る媚薬は、性器に直接塗って使います。これは性器を直接刺激することによって感度を高める効果があります。女性ホルモン不足、アソコ愛液不足、乾燥や性交痛など病気に良い治療効果があります。塗る媚薬の作用は主に2つがあります。1つは身体を興奮し、熱くなって、アソコが濡れてくるなど女性の興奮度をアップさせる作用。もう1つは快感を増大し、オーガズムまで何回もが繰り返してくる、女性を発情状態に導く、身体を感じやすくする作用です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です